仮想通貨は保管する場所が重要

仮想通貨を保管するためのお財布(ウォレット)についてまとめます。

ビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨を保管するにはウォレットが必要です。
仮想通貨のウォレットは現実世界の財布のようなものであり、銀行口座のようなものでもあります。
ウォレットを使えば仮想通貨を保管したり持ち運んだり出来、他のウォレットとの資金のやりとりも可能です。

ウォレットの種類

ウォレットは、大きく「オンライン上のウォレット」、「クライアントウォレット」、「ハードウェアウォレット」、「ペーパーウォレット(コールドウォレット)」の4つに分けられます。
それぞれのウォレットの特徴は下のとおりです。

オンライン上のウォレット

オンライン上のウォレットは、仮想通貨取引所やウェブサービスなどで作成することができます。

インターネット等で常に外部とつながっているため、セキュリティー対策を万全に(必ず、2段階認証を設定)しておく必要があります。
また、大量の仮想通貨を保管する場合は、セキュリティの観点から、ウェブ上のウォレットではなく、オフラインのウォレットで管理したほうが良いです。

取引所が潰れたりサービスの終了で、保有していた仮想通貨がなくなる可能性もあります。
また、インターネット接続が出来ない場合やサイトのメンテナンスなどでウォレットを確認できないような場合もあります。

Blockchain

ビットコインとイーサリアムのウォレットとして利用することが可能です。
ウォレットのバックアップはBlockchainのサーバーに置かれるが、ウォレットの鍵はユーザーが自分で管理する形で人気があります。
https://blockchain.info/ja

bitFlyer(ビットフライヤー)

「ビットコイン保管中のリスクを補償する損害保険を国内大手損害保険会社と契約している」、「ビットコイン取引量日本一」などの特徴があります。
TVCMをしているので、知ってる人も多いと思います。
https://bitflyer.jp/

Zaif(ザイフ)

「マイナス手数料(取引が成立すると手数料がもらえる)の取引がある」、「NEMやMonacoinを取り扱う」などの特徴をもちます。
https://zaif.jp/

Coincheck(コインチェック)

「ビットコイン取引高日本一」、「Bitcoin、Ethereum、Ether Classic、Lisk、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、NEM、Litecoin、DASH、Bitcoin Cashの13銘柄を取り扱う」などの特徴があります。
https://coincheck.com/

クライアントウォレット

クライアントウォレットはPCやスマートフォンにインストールするタイプのウォレットで、完全型と簡易型の2種類があります。
ローカル環境で管理するため、オンライン上のウォレットと比べるとセキュリティは高くなります。
ただし、デバイスがウィルスに感染した場合、仮想通貨が盗まれる恐れがあるので、デバイスのセキュリティ対策が必須です。

完全型は、数十GBのサイズのブロックチェーンをダウンロードする必要があり、多くのハードディスク容量が必用です。
プライベートキーがローカルに保存されていて、デバイスが壊れたら復帰できなくなるため、バックアップしておく必要がある。

簡易型は、完全型クライアントほど、ハードディスク容量は必要ありません。
HD(Hierarchical Deterministic)ウォレットは、暗号化に使った単語さえ覚えておけば、デバイスが壊れても簡単に復元が可能です。
また、モバイル版ウォレットなら仮想通貨を持ち運ぶことができ、パブリックキー(ビットコインアドレス)のQRコードをカメラでスキャンする事で振込や支払いができ、リアルの財布に一番近い使い方ができる。

IndieSquare Wallet

IndieSquareWallet

IndieSquare Wallet(インディースクエアウォレット)は、モバイルアプリですが、サイトにログインすることでPCでも一部機能を利用することが出来ます。
Bitcoin、Counterparty、独自コイン(Counterpartyプロトコルに準拠したトークン)を管理する事が出来ます。
このウォレットを利用して、独自のコインを発行する事が出来ます。

IndieSquare Wallet の設定方法はこちら

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、PCにUSBで接続して使うウォレットです。
10,000円前後のものが主流です。

オフラインで保存できるため、セキュリティは高いです。
ただし、ハードウエアが故障した場合に、仮想通貨を取り出せなくなることもあります。
また、リカバリーやファームウェアの更新の必要があり、管理に手間がかかります。

TREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャー・ナノ)などが有名です。

ペーパーウォレット(コールドウォレット)

コールドウォレットは紙やカードなどの、オフラインでのウォレットです。
オフラインで保存できるため、セキュリティは高いです。
ただし、ウォレット本体が紙などになるため、紛失、盗難、火災、経年劣化などに気を付ける必要があります。