財布を作ってみた!(IndieSquare Wallet 編)

IndieSquare Wallet(インディースクエアウォレット)は、Bitcoin だけでなく、トークンと呼ばれる独自のコインを発行できるウォレットアプリです。
Bitcoin、Counterparty、Counterparty形式の独自コインを管理する事が出来ます。

初期設定の手順

1.アプリのインストール

iPhone:
https://itunes.apple.com/jp/app/indiesquare-wallet/id977972108?mt=8

android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=inc.lireneosoft.counterparty&hl=ja

ここでは、アンドロイドで説明します。
まず、アプリのダウンロードページから、Indie Square Wallet をダウンロードします。

IndieSquare Wallet

2.ウォレットの作成

アプリを起動したら、「ウォレットを作る」をタップします。

IndieSquare Wallet

少し待っていると、『アカウントが無事作成されました』という画面に変わるので、「次へ」をタップします。

IndieSquare Wallet

復元パスフレーズが表示されるので必ず紙に記録します。
スマホなどのデバイスを無くした時や機種変更した時に復元パスフレーズが必要になります。
この復元パスフレーズをなくしてしまうと、保管していた仮想通貨が一切使えなくなります。また、他人に知られてしまうと、仮想通貨を盗まれてしまう可能性もありますので、厳重に保管する必要があります。

記録出来たら、「間違いなく記録しました」の左のスイッチをタップしてから、「次へ」をタップします。

IndieSquare Wallet

『4桁のパスコードを設定する』という画面が表示されたら、「パスコードを設定する」をタップします。

IndieSquare Wallet

次に、4ケタのパスコードを入力します。確認のため、再度入力を求められるので、同じパスコードを入力します。

IndieSquare Wallet

下のような画面が表示されたら、設定終了です!

IndieSquare Wallet

3.仮想通貨の受け取り

仮想通貨を受け取る場合は、トップ画面の下部のメニューの「受取り」をタップします。

IndieSquare Wallet

『受取り』の画面に表示されているQRコードの上に書かれているのが、このウォレットのアドレスです。
仮想通貨を受け取る際には、このアドレスを使います。
QRコードにタッチすると、アドレスがコピーされます

Bitcoin、Counterparty、Counterparty形式の独自コイン以外の仮想通貨を IndieSquare Wallet に送ると、仮想通貨がなくなっててしまう可能性があります

IndieSquare Wallet

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする